堺市の注文住宅メーカー調査隊

こだわりの注文住宅をかなえる工務店ガイド@堺市

HOME » 【注文住宅・施行例】私のこだわりポイント » こだわりポイント【耐震性能】

こだわりポイント【耐震性能】

「耐震性能」にこだわった注文住宅。建てる場合のポイント・注意点をご紹介します。

耐震性能にこだわった注文住宅

世界でも類を見ない、地震大国である日本。注文住宅で家を建てるのであれば、耐震性にもこだわった住宅を建てるべきですよね。しかし、「よく分からないし、専門家に任せる」というのが実情。確かに、日本における建築基準法をクリアすれば、一定以上の耐震基準は満たしているという証になります。

ここで知っておくべきことは、現在建てられている家の耐震性は、どれも同じではないということ。住宅性能表示制度によって、耐震性能は大きく3つに分けられています

住宅性能表示制度による耐震等級

国土交通省の「住宅の品質確保の促進等に関する法律」によって定められた、住宅性能表示制度。住宅性能を、耐震性・耐火性・耐久性・気密性・断熱性・防犯性、といった観点から多面的に評価されます。

耐震性については「損傷防止」と「倒壊等防止」の側面から、耐震性能を等級1~3までの3段階で評価。どの程度の地震で、どのような損害を被るか、を目安におおよその基準値としています。

  • 等級1
    建築基準法に定める基準と同等。絶対にクリアしなければならないレベルの耐震性能です。
    ・震度5強クラス…大規模補修の不要な損傷
    ・震度6強~7クラス…損傷を受けても、人命は損なわれない
  • 等級2
    等級1の1.25倍です。
    ・震度5強クラスの地震の1.25倍…損傷を生じない
    ・震度6強~7クラスの地震の1.25倍…損傷を受けても、倒壊・崩壊などがない
  • 等級3
    等級1の1.5倍です。震度7クラスの地震でも、倒壊することはなく最低限生活のできる家ということになります。
    ・震度5強クラスの地震の1.5倍…損傷を生じない
    ・震度6強~7クラスの地震の1.5倍…損傷を受けても、倒壊・崩壊などがない

このように、建築基準法相当の等級1から大地震後でも住み続けられる等級3まで、耐震性能もさまざまです。起こらない可能性に賭けるよりも、起こった場合に備えた、耐震性能にこだわりのある家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。

こだわりあふれる施工例をご紹介!

耐震性能にこだわりました

耐震性能イメージ1

耐震性能に興味が湧いたのは、住宅に関する耐震性能実験の映像を見たときでした。それまでは、半信半疑だった部分もありましたが「本当に崩れないんだ」と、感動したのをよく覚えています。備えあれば憂いなしだと考え、耐震性能には特にこだわって家を建てました。
※画像はイメージです。

小さい子供の未来も考えて

耐震性能イメージ2

今、10歳になる子供がいますが、この子が大人になったら家を譲ろうと思っています。そのためには50年、60年と長く住み続けられる家にしなければ、という思いから、耐震性能をもっとも等級の高いものにしました。妻と子供がいるからこそ、安心で安全な暮らしを考えた家づくりができたと思います。
※画像はイメージです。

大きな地震に堪えてくれました

耐震性能イメージ3

万が一を考え、等級3レベルの耐震性能を備えていました。そして、数年前に震度6を越える大きな地震が発生。比較的、最近建てられた近所の家にも被害が出る中、私の家は軽い損傷程度で済みました。どこにいても、間違いなく大きな地震はやってきます。耐震性能にこだわることは、決して間違っていないと感じました。
※画像はイメージです。

サイトマップ
ページの先頭へ ▲