堺市の注文住宅メーカー調査隊

こだわりの注文住宅をかなえる工務店ガイド@堺市

HOME » 注文住宅の基礎知識と流れ » 建築条件付きの土地で注文住宅?

建築条件付きの土地で注文住宅?

建築条件付きの土地について

注文住宅の建築用に、堺市で手ごろな土地を探していると「建築条件付きの土地」という言葉を目にする機会があるのではないでしょうか。逆に、わざわざ「建築条件なし」と記載されている土地もあります。

建築条件と聞くと、高さ制限とか建ぺい率のことに聞こえますが、そういう意味ではありません。具体的に、建築条件付きの土地とは何なのか、建築条件付きの土地を購入して注文住宅を建てることは可能なのかについて、メリットやデメリットなども交えながら説明していきます。

建築条件付きの土地とは

建築条件付きの土地とは、土地を購入する条件として、住宅を建てる条件があらかじめ決められている土地のことです。土地の売り主が建築会社となっていて、その建築会社に対して土地の売買契約を結んでから3ヵ月以内に着工する必要があります。

建売住宅と非常に似ていますが、両者の違いは建築確認を受けているかどうかという点です。建築条件付きの土地の場合は建築確認を受けていないため、間取りプランなどをある程度自由に変更できるので「自由度が高い建売住宅」という言い方もできます。

ただし、一般概念で言うところの注文住宅ほどには自由が利かず、割合仕様が固まっているところも。注文住宅にこだわるなら、建築条件付きの土地はかなり慎重に検討すべきです。

建築条件付きの土地のメリット

建築条件付きの土地で注文住宅を建てるメリットは以下の通りです。

  • 土地の価格が比較的割安
  • 建売住宅に比べると自由度は高い
  • 建築中に施工に問題がないかチェックできる
  • 建築会社が決まっていて大まかな家のタイプは決まっているのでスピーディー

建築条件付きの土地は、建築条件の付いていない土地に比べると比較的割安な価格です。それでいて、建売住宅よりは柔軟性があり、建築の過程も見届けることができます。また、建築会社が最初から決まっていて、3ヵ月以内に着工する必要があるため、スピーディーに物事が進んでいくという点もありがたい人にはありがたいでしょう。

建築条件付きの土地のデメリット

建築条件付きの土地にはもちろんデメリットもあります。

  • 建築会社やデザイナーが決まっているので方向性が合わなくても変えられない
  • 自由度が高いと言っても注文住宅ほどではなく、さほど大きく変えられない場合もある
  • 工法や設備など希望通りにならない場合も多い
  • 着工まで3ヵ月と決められているためじっくりと検討できない

土地の魅力にばかり目がいって、売り主の建築会社をしっかりチェックしていないと、好み通りのマイホームが建てられない、という悲しい結果を招く可能性もあります。特に、注文住宅を建てたいという希望があるなら、建築条件付きの土地を選択するのはかなり慎重にならなくてはいけません。

売り主の建築会社に魅力を感じて、なおかつ参考プランが自分の気に入るものかどうかもしっかり確認できない限りは、建築条件付きの土地を選ぶのには慎重を期す方が無難です。

建築条件付きの土地の費用

この建築会社の参考プランは自分の好みだということで実際に建築条件付きの土地を購入するとしたら、費用はどれぐらいかかるのでしょうか。

土地自体は先ほども説明した通り、一般的な価格よりも割安に設定されていることが多いです。問題は、住宅を建てるときに間取り変更などを依頼したとき、どれだけ追加費等が発生するかという点。この点は建築会社にしっかりと確認を取って、納得いく価格で収まるかどうかをよく検討しましょう。

サイトマップ
ページの先頭へ ▲