堺市の注文住宅メーカー調査隊

こだわりの注文住宅をかなえる工務店ガイド@堺市

HOME » 注文住宅の基礎知識と流れ » SE構法とは?

SE構法とは?

木造住宅の耐震構法である「SE構法」について解説します。

木造住宅で使われる高い耐震性のあるSE構法

地震や台風が多く、住宅の耐震基準では世界のトップを走っているといわれる日本。それは、これまでの歴史の中で大きな地震を経験するたびに、研究と変更を重ねてきているからです。

建築において、鉄骨造りやRC造りではラーメン構法という耐震構法がとりいれられてきました。これは柱や梁そのものを接続して強い構造物をつくる工法で、長い時間をかけて経験が積み重ねられているため、信頼度の高い構法です。

一方、木造住宅においては壁や筋交いを増やすことで、地震に強い住宅を実現してきました。しかしそれは、住宅内に壁を増やすことにつながるため、部屋の空間や窓などの開口部分を狭くすることになっていました。

SE構法とは、前述の鉄骨造りやRC造りのラーメン構法を、木造住宅の建築にとりいれた構法で、木造ではなかなか実現しなかったものでした。

これまでほとんどの木造住宅では基礎の構造計算は行われてきませんでしたが、SE構法では、これまでの地震をはるかに超える規模の大地震を想定して、構造計算されます。

まず、行政のハザードマップ、民間のデータベース、古地図などを用いての地盤調査からはじまり、液状化が懸念される場合は地盤改良を行います。

木造は年月を経ると「木がやせる」という現象が起こってきます。これは、木がやせると当初頑丈に締められていたボルトやナットが緩んできます。SE構法ではこれを防ぐために、通常の倍の強度を持つ特殊なボルトを使用します。

SE構法の施工会社について

SE構法は、どこの工務店、建設会社でも施工できる構法ではなく、「SE構法登録施工店」のみが施工できる構法です。

一般的な構法とは違うさまざまな技術や管理法を極めた「SE構法施工管理技士」という技術者が在籍していることが必須です。

SE構法で建てた家は、木造でありながら高い耐震性と自由な空間が実現できるので、熱い期待がよせられています。今後ますます広がっていくことが期待されています。

サイトマップ
ページの先頭へ ▲