堺市の注文住宅メーカー調査隊

こだわりの注文住宅をかなえる工務店ガイド@堺市

HOME » 注文住宅の基礎知識と流れ » 一戸建ての建築工法の種類

一戸建ての建築工法の種類

一戸建てというと、木造住宅をイメージする人も多いですが、木造住宅にもいくつか種類があるうえ、鉄筋コンクリートなどの建築方法もあり、家を建てる際にはどの建築方法にするか選ぶことになるでしょう。

まずは、どんな建築方法があるのか、それぞれの特徴やメリットデメリットを知っておき、最適な工法を選べるようにしておくといいですよ。

木造軸組在来工法

日本で古くから用いられている工法で、「在来工法」とも呼ばれ、現在でも多くの住宅に採用されています。

まず、コンクリートの基礎に土台を作って、木材の柱や梁を組み合わせて骨組みを作り、建物を支えます。そこに壁を取り付けて内装を整えていきますが、骨組みに筋交いを追加して耐震性能を高めることができ、自由度が高く比較的コストも安いので、多くの人に選ばれている工法です。

メリット

  • 木材を利用しており日本の風土に合っている。
  • 間取りなどの設計や、使用する材料形状などの自由度が高い
  • 開口部が広く取りやすいので増改築しやすい
  • ほかの工法よりも安いコストで建てられる
  • 筋交いなどで耐震性を高めることができる

デメリット

  • 工事に携わる職人の腕次第で仕上がりに差が出る
  • 木材を使用するため、湿気やシロアリなどによる腐朽の危険性がある
  • 遮音性や気密性などはあまり高くない

木造枠組壁式工法

木造枠組壁式工法は、一般的に「ツーバイフォー」と呼ばれており、2インチ×4インチの木材で骨組みを作り、構造用合板などで壁を組み立てて壁で構造を支える工法になります。

アメリカやカナダなどから伝わった工法なので、輸入住宅などに採用されることが多く、壁で支えるため耐震性が高く気密性も在来に比べて高めになっています。

メリット

  • 在来工法より耐震性や気密性、防音性などの性能が高い
  • 工法が規格化されているので、職人の腕に左右されず品質が安定している
  • 比較的短い工期で建てることができる

デメリット

  • 在来工法と比べると、間取りや設計上の自由度が低い
  • 木材を使用するため、湿気やシロアリなどによる腐朽の危険性がある
  • 壁で構造を支えているため、大きな間口が取りにくい

鉄筋コンクリート工法

鉄筋を網目状に組んでその周りを板材で囲い、コンクリートを流し込んで柱や壁、床などを作っていく工法です。大型のマンションなどにも使われる工法で、耐久性や耐震性が強く、木造住宅と比べて遮音性や気密性なども非常に高くなり、頑丈な家を作ることができます。

メリット

  • 耐久性や耐震性、遮音性、気密性が高い高品質な家が建てられる
  • 型枠が作れればどんな間取りにも対応できて自由度が高い

デメリット

  • 建築費用が高額になり、工期も長めになる
  • 対応しているハウスメーカーが少ない
  • 熱を通しやすくため込みやすいという特徴があるため、冬は寒く夏は暑くなり、空調が必要になる

鉄骨組工法

鉄骨組工法は、鉄骨で骨組みを作る工法であり、材料が異なるだけで在来工法と同じような構造になっています。木材で骨組みを作るよりも、鉄骨のほうが強度が高くて厚さが薄くても高い耐震性を維持することができます。

そのため、設計や間取りの自由度が高く、大きく開口を取ることも可能です。

軽量鉄骨や重量鉄骨などの種類を選ぶこともできます。

メリット

  • 細い骨組みで高い耐震性のある家を建てられる
  • 間取りなどの自由度が高く、大きな開口を取りやすい
  • 木材よりも材料が規格化されていて品質が安定している
  • 短い工期で建てられる

デメリット

  • 結露や錆びなどが発生する恐れがあるので対策が必要
  • 重量鉄骨の場合は基礎部分を強固にする必要がある
  • 木造住宅に比べてコストが割高になる
サイトマップ
ページの先頭へ ▲